top of page

よくある質問

Q1. どんな人におすすめですか?

A1. 誰もが周波数を放ち記録を保持しています。

覚醒のために取り組んでいる方を支援いたします。

また、本来誰ということは無くすべてが対象です。

身體の不具合(病気・怪我・未来の心配ごと・加齢による尊厳の低下)

などの改善をご希望の方はご相談賜ります。

Q2. 病気が治るのですか?

A2. よく受ける質問なので記載します

周波数調律は、身体が健康に発している臓器/組織の周波数、思考、宝石、フラワーエッセンスが持つ周波数を安全な可聴領域の光と音と共に身体に聞いてもらうことで臓器/組織や思考等が共振共鳴をすることで「本来の状態」へと戻ろうする作用で改善の結果をもたらします。

また人がそれぞれ個有のエネルギーの場(エーテル体)があり、そのエネルギーの場を同時に調律することで共振共鳴はさらに促進され良くなる結果となります。医療ではないので治ると言う表現はありません。

Q3. 誰でも体感や変化が得られるのですか?

A3. 体感や変化の感じ方は個人差があります。スッキリとした感覚を得る方、不要な思考が減り頭がクリアに感じる方、痛みが和らぐ方、全身に駆け巡る波動を感じる方、考えようとしても何も浮かばない方、身体が真っ直ぐになったのが分かる方、とにかく軽いと感じる方、もちろん何も感じなかったと言う方もおります。

回を重ねることで細胞の周波数が高まり、体感や変化を感じられるようになっていきます。

 

Q4. 何回も受ける必要はありますか?

 

A4. 周波数調は1回ですべてが180度変わる魔法とは違います。周波数に共振共鳴した細胞が約3ヶ月で入れ替わる細胞サイクルに合わせて維持していくことを推奨しています。

身体や人生に起きていることは、長い年月をかけて現れているように物質である身体に現れるまでは個人差があります。

毎日細胞サイクルの3ヶ月目を迎え、全細胞が一巡するのに7年かかると言われています。

共振共鳴した細胞の状態を維持する3回・6回・12回をご用意しています。

覚醒に不要なエネルギーをいつまでも持たないために、細胞とエーテル体に働きかけが定着するには回数はかかります。

Q5. 思考や感情面にも効果がありますか?

A5. 効果あります。思考と感情も固有の周波数があり、身体と密接に関係しています。

思考や感情が建設的になると身體の影響も変わります。

カウンセリング&アドバイスを実践していただき覚醒の妨げになっている開放も支援します。

 

 

Q6. 遠隔調律は効果があるのですか?

A6. 遠隔調律も体感があり変化します。大げさに思われるかも知れませんがすべてが繋がりあっています。受けては対面と同じ様に横になっていただきます。周波数を受けていことをご自身が信頼していることは大切です。体感は個人差があります。

 遠隔の場合はzoomでカウンセリング&アドバイスをおこないます。

Q7. 転写水ってなんですか?

A7. 転写水は、周波数調律を受けているエネルギー調整の情報の入った転写水です。

約3ヵ月に毎に周波数調律を受けていただく間のエネルギー状態を保てるようサポートをしています。周波数調律毎に新しい周波数情報の転写水をお渡しします。

(使用詳細は調律を受けて頂いたときの別途お渡しします)

Q8. 岩塩はなんの為に使うのですか?

A8. 岩塩は喉のチャクラの位置を安定させるためお渡ししています。

喉のチャクラは地球と共鳴していることで、動いている地球で生きている私たしも共鳴し動いています。影響を受ける喉のチャクラを整えるのに岩塩を使って整えてもらえます。

​(使用詳細は調律を受けて頂いたときの別途お渡しします)

Q9. チャクラって本当にあるのですか?

A9. 本当にあります。チャクラは物理的な形として存在しているわけではなく、心身と関わり交流している非物質物質のエネルギーとして機能しています。

チャクラのエネルギーは皮膚のすぐ下にあるインナーボディ(悟りのボディ)というグリッドがあり、身体の神経系と繋がりチャクラと交流し身体の組織生命維持に貢献しています。※チャクラはブログで説明をしています。

 

Q10. チャクラがずれるってどうゆうことですか?

A10. 人がそれぞれ肉体と精神そしてエネルギーの場(エーテル体)を所有しています。私たち人間は主に食物を摂ることで栄養を供給して成長と維持をしますが、呼吸を通して氣のエネルギー(プラーナ)も供給しています。この呼吸は通常の呼吸の他に全身から取り入れています。DNAの情報を受け継いで人生がスタートしてから、経験している出来事に対する感情、思考、行動そして口にする言葉の全てを細胞とエネルギーの場(エーテル体)に記憶していきます。

ポジティブな記憶は光を通すクリアな状態で、ネガティブな記憶は濁って光を通さない状態で記憶します。周波数調律ではこの濁りの記憶を雲と表現しています。この雲があることで氣のエネルギーと身体のチャクラとの交流の妨げになり、光が歪むことで正確にチャクラに氣や光が届かない状態になります。これを身体からみると氣と光の流れがチャクラがずれたところに作用して見えるので「ずれた」と言う表現になります。エネルギーの視点からみると、チャクラは中心に位置していますが「本来の交流」の流れをしていないとなります。

もっと知りたい方は講座やセッションでご質問ください。

 

 

Q11. 第8番目のチャクラって?

A11. 第8番チャクラは人間が地球システムで生命活動をするのに元々機能していましたが近年まで隠されて来ました。

それは地球のサイクルに関係していて、現在は分離から統合のサイクルに入ってちょうど中間点に当たります。統合のサイクルは様々な事が明らかになっていきます。

第8チャクラ(ヴィヤパニ)は肉体を含む7つの層のエネルギーを繋ぐチャクラでエーテル体に位置しています。

これまでの体験と神秘学、周波数調律を合わせた研鑽から、身体に作用する28チャクラから本質的な調律を行います。身体とエーテル体のエネルギーバランスを統合するのは今のところ私が最初ではないかと思います。

※もっと知りたい方は講座やセッションでご質問ください。

Q12. 喉のチャクラが何故大切なのですか?

 

A12.地球のサイクルが分離から統合に変わったからです。

​この変化によりチャクラシステムの作用の中心ポイントは2001年から10年かけて喉のチャクラへ移行し、更に10年間で完全移行しました。喉のチャクラから発する言葉は各個人が人生で選択していった信念のあらゆる要素を含んで声に乗って発信されるのでより大切になりました。これから先は喉のチャクラから第3の目のチャクラへ移行していきます。周波数から整えることは移行後に重要になります。

※もっと知りたい方は講座やセッションでご質問ください。

 

bottom of page